Good Investment

土地に投資をする方法

投資の中には土地を利用するタイプのものもあります。
「土地に投資をする」となると、マンション等の不動産そのものを所有する必要がある、と考える方もいるかもしれませんが、現在では不動産そのものを所有する方法は勿論、REITと呼ばれる、不動産に絡む証券に投資をすることで利益を上げるタイプのものも出てきています。
REITは証券会社で購入が可能で、日本のものだけではなく海外のものも購入することが可能です。
不動産は株と同様、インフレに強いと財産と言われています。
日本の場合は今後オリンピックも控えているため、オリンピック関連銘柄の株と共にREITの値上がりも期待されています。
不動産の所有となると高額になりますし、維持のための経費もかかります。
投資先として不動産を考えているなら現物を保有することも良いのですが、少ない元手で利益を上げようとするなら、あえて初期費用が高いものよりも、まずは少ない金額から始められるREITを活用して利益を上げる方法もお勧めです。

不動産投資と土地の注意点

不動産投資の場合、利益を狙うにはインカムゲインとキャピタルゲインの二つの方法があります。
しかし、いずれにしてもメリットとデメリットがありますので、自分にはどちらが相応しいのかは事前によく考えておきましょう。
その際は、土地や建物の安全性についても見落としてはいけません。
最近でも建築物のデータ改竄などの大事件がありますが、他にも土地が崩れやすい斜面の近くだったり、地盤が弱くて液状化の恐れがある場合などもあるかもしれません。
とにかく、その土地や建築物に何か問題があったとしたら、不動産投資どころではなくなってしまいます。
それゆえ、立地条件や間取り、築年数、中古か新築か、あるいは交通アクセスや周辺環境などの諸条件だけではなくて、その不動産全体の安全性などについても、くれぐれも注意して調べておくおく必要があります。
そうでないと、最高のマンションだと思って手に入れた物件も、「実はよく調べてみたら欠陥マンションだった」という危険もあります。

Favorite

カルティエのサントス買取

Last update:2017/6/8