Good Investment

簡単に運用できる不動産投資

日本銀行がデフレ脱却のために金融緩和政策を行っていますが、日本銀行の思惑通りにインフレ経済に転換できたときに、注目されるのが不動産投資です。
なぜなら、物価が上昇すれば、不動産価格も上昇するように不動産はインフレと連動性があるからです。
不動産には魅力があるけど、運用の手間やリスクなどが心配だと思う方には不動産投資信託(リート)がよいでしょう。
リートとは投資家から集めた資金で不動産を購入し、賃貸収入を分配する投資信託のことをいいます。
不動産の専門家が運用するのでリスクは少なく、利益の90%以上を分配金にすると法人税が免除されるため、不動産株の配当利回りよりもリートの利回りの方が高い傾向があります。
不動産を直接購入するには多額の資金が必要ですが、数万円から購入できるリートもあるので、少額からの運用もできます。
また、株を売買するために証券会社の口座を持っていれば、取引時間中に売買が可能なので、株の売買とまったく変わりがありません。

バランスの取れた投資と運用

利益を上げるための投資を考えるなら、まず資産の運用をハイリスクハイリターンなものを選ぶのか、リスク回避を重視して選ぶかを決めることは、今後の大きな指標になっていきます。
遊びで投資を行うならハイリスクハイリターンでも構いませんが、長期的な目線で資産を積み上げていくためには、リターンよりもリスク回避に重点を置く方が最終的な利益を上げることが多いように思います。
そのために良く言われていることは資産の分散です。
貯金は別途用意しておく必要がありますが、その他の中の1つは比較的バランスの取れた、日本を含めた世界経済に投資するものを利用し、もうひとつはそれより小さな金額で、ご自分の好きなものを選んで利益を狙うことで、リスクを回避しつつ、比較的安定して資産を運用していくことが可能になります。
その人によって得意な投資分野があります。
ご自身が得意な場所で資産を運用して、楽しみながら利益を上げていくことを目指しましょう。

Valuable information

シザーの販売
https://www.hien-scissors.jp/

2017/5/9 更新